早く看護師としてスキルアップしたいと考えて急性期病棟を希望した看護師のAさん。まるで戦場のような職場で揉まれ続け、度重なるミスも乗り越えて、短期間で目覚ましく成長できました。

仕事もそれなりに覚えて、新人の頃よりは効率は良くなったものの、死後ができるようになればなるほど、また新たな仕事を任されるようになり、自分の時間をなかなか持てません。



連休すらまともに取ることができず、プライベートの時間が削られることに徐々に不満を感じるようになったAさんは、このままで良いのか?と考えるようになりました。

職場を見ると結婚しないまま30歳を超えてしまった先輩ばかり。自分も同じ道をたどると思うと、将来に漠然とした不安を感じるようになっていました。





■時間に余裕がある職場

スキルアップさせてもらった恩義は感じていましたが、やはり自分の人生が最優先です。看護師だって人間ですから、結婚もしたいし子供も産みたい。もしくは、違うキャリアを積んでみたい、といった希望がありますよね。

自分の時間を持つことを優先するのであれば、急性期病棟から外来に移る手もありますし、スケジュールがガチガチに決まっているオペ室に行く手段もあります。



もしくは同じ病院だと、配置転換でもめることも多いので、いっそのこと転職して全く新しい職場に行ってみるのも手です。

看護師というのは、急性期病棟である程度の経験を積めば、どんな場所でも働けます。たとえば、訪問看護とか血液センター、保健センターで働くといった道もあります。



皮膚科・眼科などの個人クリニックだと、急患や重患が来院することはめったにないので、やはり自分の時間が持ちやすい職場です。




■希望の施設へ転職するには?

看護師は基本的に、働き方も働く場所も選び放題です。人手不足は日本全国に共通していて、特に都市部での看護師の求人は腐るほどあります。

ただ中にはブラック病院が混ざっていることも確かです。給与がやけに高いと思ったら、人間関係が最悪で離職率がきわめて高かった、みたいなケースは珍しくありません。



表面的な求人情報だと、ブラック病院かどうか見分けるのはかなり難しいものがありますが、看護師専門の転職サイトに登録をすれば、必要な情報は120%収集できます。

看護師専門の転職サイトには、その病院で実際に働いている看護師からの情報も抱えているからです。その病院へ転職した人と連絡を取って、内部情報を聞き出しているんです。



看護師といえど、転職を成功させるには看護師専門の転職サイトに登録するのがほぼ必須です。情報を抑えらえると同時に、転職エージェントにサポートしてもらうこともできるからです。

転職エージェントは、転職が決まるまでの間、あらゆる業務を手伝ってくれるかけがえのないパートナーです。ある意味、転職活動に限定した秘書みたいなものです。




これまでに数えきれない転職をマッチングさせてきた経験から、あなたのキャリアや希望に沿って、最適な求人をコーディネートしてくれます。

まだ転職の意思がはっきり固まっていなくても、相談だけでも気軽に対応してくれるので、登録だけ先に済ませる人も多いですよ。




■転職サイトはここを使おう

看護師専門の転職サイトは、扱っている求人情報が異なっているので、できることなら見つけたところには片っ端から登録していったほうが良いです。

ただ実際には何サイトも登録をしても、使いこなすのがかなり大変です。せいぜい3つくらいにしたほうが、情報に溺れずに済むし、キャリアコンサルタントのやり取りもスムーズです。



そこで、50サイト以上ある中から、ここだけは登録したほうが良い!というサイトを3つに絞ったの紹介しますね。




【看護のお仕事】給料アップ交渉にめっぽう強い!




【ナースではたらこ】入職後のアフターフォローも充実!



【マイナビ看護師】病院の要望を踏まえた面接対策が丁寧!







この3サイトに登録をしておけば、日本で公開されている求人情報はほぼ網羅できるんじゃないかと思います。他のサイトに登録されている求人案件もだいたい捕まえられます。

それに、3つも大手で老舗なので、転職エージェントの経験値も豊富です。他のサイトに比べると、より的確なアドバイスをしてもらいやすいです。


看護師専門の転職サイトの登録も、転職エージェントへの相談もすべて無料です。登録手続きはネット上で3分もあれば済みますよ。